任意の保険に入る理由や申し込み方法

任意タイプの自動車保険は、被害者が傷を受けた場合のみに適用される、強制保険と呼ばれる自動車損害賠償責任保険(通称:自賠責)と比較すると、手厚い内容になっている事が特徴です。運転をする機会が多い場合は確実に加入しておくべき商品であり、任意保険は物損事故・人身事故両面で補償してもらえるので、車庫でドアやミラーを傷つけてしまった場合でも使う事が出来ます。この保険は、インターネット経由で申し込む事が可能で、代理店経由で申し込むよりも割安な事から、節約したい場合は申し込んでみる事をおすすめします。

任意保険で提供されるロードサービス

任意保険は、自動車運転中に車両故障や事故が発生した際のロードサービスが充実していて、各保険会社はこのサービスを売りにしている事もあります。代表的なサービスは、事故を起こした際のレッカー移動・バッテリー上がりの対応・チェーン装着・ガソリン切れ対応などが提供されています。任意保険会社のアプリを使っていれば、事故を起こした際にGPS機能をオンにしておくと、現場の位置が即座に把握出来るので、旅行をする機会が多い方はインストールしておきましょう。

いつでもロードサービスを受けられます

ロードサービスは、いつトラブルが起こってもコールセンターに電話がつながるシステムを構築しており、夜中に起きた場合であってもサービスカーやレッカー車が現場に駆け付けてくれます。修理が必要な場合は、保険会社が提携している修理工場か、依頼者が希望する工場に持って行く事が出来るので、サービススタッフと相談しながら持ち込み先の工場を決めるのが良いでしょう。

今や自動車保険はダイレクト型に主流が変わりつつあります。インターネットから申し込むと割引きもあるので、よほどのことがない限り、ダイレクト型を申し込む方がお得です。